閑人の読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 高野和明「ジェノサイド」

<<   作成日時 : 2011/12/30 15:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2012年版の「このミステリーがすごい」の1位の作品。他にもいろいろと冠がついているけど、多すぎるので省略。(山田風太郎賞まで獲ってた。ま、売るためだな)

ジェノサイド
角川書店(角川グループパブリッシング)
高野 和明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジェノサイド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ネタばれしないように紹介してみようと思う。

内容は壮大である。読んでる途中、この広げた大風呂敷どう収束させるのかなあ、と不安になったが、ま、違和感のない結末だった。

読者の感情を揺すぶるのは得意な作者なので、小さい子を持つ父親(僕もだけど)なんかは胸が熱くなるシーンがある。

問題なのはアマゾンのレビューにも苦言が散見される、著者の歴史観。それが日本国民としてかなり自虐的な感じなこと。巻末に並べられた参考文献のせいかもしれない。そういうのに抵抗がある人(どっちかっていうと保守的な人)は読まないほうがいいかも。この物語の面白さを考慮するともったいないと思うけど。

過去の作品ではこんな歴史観は顔をださなかった。乱歩賞を獲った「13階段」はちょっぴりベタだったけど、最近の乱歩賞じゃ一番いいかも。「幽霊人命救助隊」はこの題だけ見ると、および腰になるが、これがまたよいのである。受賞後第一作の「グレイヴディッガー」はちょっぴり拙速っぽくて残念。


13階段 (講談社文庫)
講談社
高野 和明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 13階段 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



幽霊人命救助隊 (文春文庫)
文藝春秋
高野 和明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 幽霊人命救助隊 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



グレイヴディッガー (講談社文庫)
講談社
高野 和明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グレイヴディッガー (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


〈蛇足歩行〉
作中のハイズマンレポートってのは冷戦の頃のやつで、『世界終末時計』についても言及してたから、こないだ観た「ウォッチメン」を思い出した。

↓300〈スリーハンドレッド〉のザック・スナイダー監督だけど、表紙がB級っぽすぎて知らない人はそうだとは夢にも思わないでしょう。アナーキストのアラン・ムーアが描いたアメコミ界に一石を投じた作品が原作。原作読んでから観ないとわけわかんないかも。ザック・スナイダー監督は「X‐MEN」の脚本家が書いていた本を却下して原作に忠実に映画化した。観る前の最低限の知識→コメディアンはジョーカーのナイトアウルはバットマンのパロディキャラ

ウォッチメン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2009-09-11

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウォッチメン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


読むうちに、伊藤計劃の「虐殺器官」も思い出した。「虐殺器官」の方がずっとエレガントな文体だけど。

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
早川書房
伊藤 計劃

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高野和明「ジェノサイド」 閑人の読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる